デトランスα 使い方

デトランスαの正しい使い方とは?

 

デトランスαは、使用方法が正しくないと、
効果が薄れるだけでなく、肌トラブルに悩まされるはめになります。

 

今回は、デトランスαの正しい使い方を説明します。

 

 

正しく使う基本

 

まず正しく使う為の基本中の基本なのが、清潔な脇に使用することです。

 

脇の匂いの原因は、汗で菌が増殖してしまう事なのですが、
使用する前に脇に汗をかいた状態で使用しても、
その汗で増えた菌が匂いを発してしまうのです。

 

デトランスαに含まれる塩化アルミニウムが汗腺を塞いで汗をかかないようにするのですが、
すでに汗をかいた状態では、汗により塩化アルミニウムが汗腺を塞ぐことができない為に、
汗を抑える事すらできなくなるのです。

 

清潔にするという観点から、
必要以上に洗う等はしなくても良いのでお風呂上がりの脇につける程度でいいです。

 

もしも、突然の外出で必要な場合には、
洗浄綿などで脇を拭いた後に使用すると良いでしょう。

 

 

少量を意識する

 

デトランスαの失敗談で良く聞くのが、かぶれたという話です。

 

かぶれるという人に共通しているのが、つけすぎるという事なのです。

 

デトランスαはロールオンタイプなので、
つい他の制汗剤同様につけてしまいがちです。
しかし、つけすぎると、かぶれたり赤みが出るなどの原因になってしまいます。

 

では、つけすぎない様にするためにはというと、
脇の中心をピンポイントで塗るという事が大切です。

 

というのも、脇汗は基本的に脇の中心から出るのがほとんどなので、
この中心部を抑える事がポイントです。

 

中心部に薄くつけ、心配ならば指などで叩きながら広げるとより良いでしょう。

 

もしも心配ならば、コットン等に浸み込ませてから塗っても良いですよ。

 

そして、塗った後は必ず綺麗に乾かす事が大切です。

 

乾く前に服を着ると、こすれてデトランスαが取れてしまいますので注意が必要です。

 

正しく使う事で、脇汗を抑えていつもよりワンランク上の綺麗を身につけましょう。

 

>>デトランスα 通販へもどる